バイクに関する情報が

バイクの査定ではどこがチェックされるのか

バイクの査定のチェック方法

バイクを売却する際にはその手続きの第一歩として査定が行われることになっています。
査定ではそれぞれのバイクにどれくらいの価値があるのかを見極め、そこで提示した価格に納得できたのであれば買取が成立するということになります。
さて、しかしここではバイクのどこが見られているのでしょうか。
この際に見られることは基本的に「全てのこと」だと言えるのですが、まず最も最初にチェックされるのが外装です。
多少の泥はね程度であれば問題はありませんが、明らかに凹みが生じている等の状況であれば減額は避けられません。
加えてチェックされるのが性能の部分です。
実際にエンジンをかけてみて異音などが発生していることは無いか、またハンドルを切って問題なく前輪が動くかどうかということも重要です。
加えてブレーキの効きについてもしっかりチェックされますから、走行性能が新品と比べてどのように変化しているかということが重要になるとして考えて良いでしょう。
新品と全く同じ状態であるということは期待できることではないのですが、状態が新品に近いほど価値は高くなります。
ただ業者によってどこを重点的に見るかということは多少変わってきますから、もし査定の内容に納得できないようであれば別の業者に依頼してみることも忘れないようにしましょう。

バイクの純正パーツを保管する重要さ

バイクに乗っていると、パーツを交換して自分好みにカスタムしたくなることもあるはずです。
しかし、一般的にこのようにカスタムしてあるバイクの査定額は低くなる傾向にあります。
なぜなら、このようなバイクは次に購入する人が限られてしまうからです。
そのため、カスタムのせいで売れないというリスクを回避するために買取業者は査定額を低く設定したり、買取そのものに消極的だったりします。
では、カスタムバイクは絶対に安値でしか売れないのかというと、そんなことはありません。
カスタム前に使われていた純正パーツが手元にきちんと残っていれば、それを交換すれば元の状態に戻すことが出来ますので、通常の査定同様の結果を出すことも可能です。
またほとんど純正パーツを使わないまま、カスタムをしたのであれば、新品同様の状態となって高額査定がつく可能性もあります。
このようにカスタムバイクでも高額査定を期待できるケースもあるのです。
ただし、そのためには絶対に純正パーツを大切に保管していなければいけません。
一つでも欠けてしまうと、それだけで価値が下がってしまいますので望むような結果を得られなくなります。
それを避けるためにも、カスタムを行う前にしっかりと保管場所を決めておくようにしましょう。

バイク買取一覧

親切丁寧の接客でバイク査定のお客様満足度95%超

バイク査定の最強のお店